情報セキュリティ
法務経営論

English pdf

基本情報

担当教員 樋地 正浩 非常勤講師(経:実務家教員・教授)・金谷 吉成 准教授(法)・髙谷 将宏 非常勤講師
教室 情報科学研究科 6階 小講義室
時間割 2学期 (水) 16:20-17:50
講義
開始日
10/04

授業の目的・
概要及び達成目標等

変動著しい現代の情報社会において、情報セキュリティは、様々な面でますます重要になってきている。取り扱う情報の量の増加と質の多様化は、情報セキュリティの技術的な広がりをもたらすと同時に、社会制度や法律との関係においても新たな問題を生じさせている。さらに、組織や社会に情報セキュリティを定着させるには、経済的合理性や組織マネジメントも不可欠である。本講義は、情報セキュリティ技術を組織の中で利用するために必要な社会的側面を説明できる能力の修得を目的とする。さらに、それを踏まえて情報セキュリティに関する法務の基礎知識と関連法について解説し、さらに、それを踏まえて情報セキュリティを導入し定着させるために必要な経営上の意思決定方法について説明を行う。

授業計画

  1. イントロダクション:情報セキュリティをめぐる法律・制度と資金管理(樋地)
  2. 投資対効果概論(樋地)
  3. 情報セキュリティとリスク管理(樋地)
  4. 情報セキュリティ導入における投資対効果(樋地)
  5. 事例:クラウドコンピューティングとセキュリティ(樋地)
  6. 情報法概論(金谷)
  7. 情報セキュリティと憲法上の諸権利(名誉権,表現の自由,インターネット・サービス・プロバイダの法的責任)(金谷)
  8. 情報セキュリティとプライバシー,個人情報の保護(金谷)
  9. 情報セキュリティと知的財産権(著作権法,特許法,商標法,不正競争防止法)(金谷)
  10. 情報セキュリティとサイバー犯罪(詐欺,コンピュータ・ウイルス,不正アクセス,金融犯罪の防止等)(金谷)
  11. 企業経営と情報資産(髙谷)
  12. インシデント事例とその対応(髙谷)
  13. 企業における情報セキュリティ対策(髙谷)
  14. 情報セキュリティポリシーの構築(髙谷)
  15. 情報システム(計画~運用)におけるリスク管理(髙谷)

成績評価方法及び基準

各教員がそれぞれのパートごとにレポートを出題し評価する。

教科書、参考書

随時、各教員が紹介、配布、または、別途指定するウェブページに掲載する。
参考書は,以下の通り。

  • プレストン・G.スミス,ガイ・M.メリット(澤田美樹子訳)『実践・リスクマネジメント―製品開発の不確実性をコントロールする5つのステップ』(生産性出版,2003年)
  • 松井茂記,鈴木秀美,山口いつ子編『インターネット法』(有斐閣,2015年)

関連ウェブサイト

講義中に指示する。

オフィスアワー
(面談可能時間)

面談を希望する際は事前に申込むこと。

  • 樋地正浩:火曜日14:40-16:10,片平キャンパス エクステンション教育研究棟6F共同研究室
  • 金谷吉成:月曜日13:00-14:30,片平キャンパス エクステンション教育研究棟514研究室
  • 髙谷将宏:講義終了後(事前にメールで予約)